塗装がはがれてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンポンと自宅チャイムなってドア開けて見れば立ってるのは知らないセールスマンの男性で、何かと思っていれば外からぱっとみただけだが、お宅の外壁限界だといわれて、男性の正体が外壁塗装の訪問販売員と知りました。そして実際外壁塗装の販売してる業者でかなりの割合悪徳業者が潜みます。

外壁塗装はじめとしたリフォーム工事業に関しておトラブルのほとんどは法も販売、訪問営業から始まるものばかりなのです。そして、外壁塗装に限ったことではないですが、訪問は突然来るのです。そして家を買ってから今年11月末で10年迎えますが、それなり各部劣化してきて、もちろんですが、外壁劣化が目立ってきました。

あちこち色退職したり、しみついて来て夏ごろでしたが、最上階のバルコニーにある東向き外壁、この面はうちは一番日の当たる面ですが、ここで表面塗料がはがれてるのを見ました。そしてこれ見た時ついに来たといったということだったのですが、、実際塗装剥がれてきた以上対応を考えざる得ません。

建物自体建売物件ではっきり言えば各所ほどほどの仕様で仕上げられていて、外壁塗料はスズカファイン社のスズカスキン使用されてますが会社hpでは耐用年数目安5〜7年であり、10年も経過すればいたむのは当然というわけです。屋根についてみたら割れたりかけたり内容ですが、同様に痛んでると考えるのが自然です。こちらはケイミュー株しい会社ンコロニアル使用されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。