意外!?外装塗装業者を選ぶときの重視点は、○○○だった!

外装塗装とは、簡単にいうと「家の周りの壁に塗料(またはペンキ)を塗り直すこと」になります。

時々、足場が設置されていて、ビニールでエアコンの室外機に塗料が付着しないようにくるまれ、業者の人が何かを塗っている家がありませんか?

あれが、外装塗装になります。ちなみに塗っているのは、ペンキではなく、ほとんどの場合は塗料になります。塗料はペンキよりも高価になりますが、乾きが早く、耐候性にも優れているので選ばられるようになりました。

さて、外装塗装業者を選ぶ場合の重要なポイントをお伝えしますね。

それは、やはり「近隣住宅への配慮ができること」と思います。当たり前だと思いますか?

では、あなたは「技術力」「費用」「近隣住宅への配慮」のどれを一番重要視しますか?たぶん、「費用」>「技術力」>「近隣住宅への配慮」の順で選ぶ方が多いのではないのでしょうか?

たしかに、この中で一番明確に差が出て分かりやすいのが「費用」ですよね。2階建ての家を塗装し直すだけで約100万円前後必要と言われていますから、やはりその中で数%でも違えば大きいですよね。

「技術力」も大手さんなら様々な実績(だけど高い・・・)を持ってきていただけますし、地元密着型の店舗でもやはり実績はあります。

しかし、その2点の数値で測れる点より、やはり「近隣住宅への配慮=クライアントであるあなたへの配慮」を重視して見たほうが良いです。

なぜなら、外装塗装は約2週間かかる作業になりますし、住宅密集地の方なら周りへの対応が気になりませんか?

自分がいない間に業者とお隣さんが喧嘩していた、という事態を避けるためにも費用よりも職人気質な高い技術力よりも、「近隣住宅への配慮」ができる業者を選んだ方が、一生残る禍根は生まれませんよ。

SNSでもご購読できます。