プロの目は誤魔化せない

子供が成長をして家が手狭になったため増築、家を建てた建築会社に増築を依頼出来れば良かったのですが、予算の関係上、ネットで探した工務店に増築を依頼しました。
費用をケチったのですが、流石プロの仕事、パット見で費用をケチったとは思えない立派な出来ばえ、10年ほどは何の問題もなく使えていたのですが、10年が過ぎた辺りから壁紙がめくれ、めくれたところには結露、以前と比べガラス窓が曇る頻度が増えたと感じ始めた頃に大雨により天井から雨漏り。
雨漏りという言葉は知っているのですが、知り合いで雨漏りをした者は今まで生きた中で1人もいない、まさか自身が経験するとは思わず、恥ずかしくて雨漏りのことは人に相談出来ませんでした。
直ぐにでも修理をしたかったのですが、まだまだ子育てでお金が必要だった時、増築したのは1階部分、家にあるハシゴで雨漏りをしている天井に上がることが出来たため、自身で屋根を確認したのですが、雨が漏れそうな穴は発見できず。

雨漏りをしたのはスレート屋根、穴は確認出来ませんでしたがヒビ割れっぽいのが数箇所確認でき、これならわざわざ業者に頼まなくても、自分で塗装すれば安上がりと考えダメ元でスレート屋根に塗装しました。
素人が施したとは思えないキレイな出来ばえ、子供達からは「お父さんスゴイ」と褒められたのですが、雨漏りが収まったのはたったの1年でした。
念には念を入れ塗料はタップリ厚めに塗ったため、これで雨漏りが改善出来なければ素人の私はお手上げ、仕方なく業者さんに来てもらい雨漏りをしている箇所を一緒に見てもらいました。

屋根に上った業者さんは、屋根を見た途端に「自分で塗られましたね?」、1年経ってもキレイな出来ばえのままだったため、私が屋根を塗ったことはバレないと思っていたのですが、プロの目を誤魔化すことは出来ません。
業者さんは胸ポケットから定規を取り出し、それをスレート瓦に差し込むと水がタラーと溢れてきました。業者さんが言うには「ふちきり」をしないと、スレート瓦の中で水が溜まり雨漏りの原因になるらしく、念には念を入れ塗料をタップリ厚めに塗ったことが問題だったそうです。
業者さんに屋根を含む外壁塗装をしてもらうと、数年が経ちますが雨漏りや結露は確認されず快適に暮らせています。

 

東京都北区の外壁塗装ならユタカホームまで

透明の塗装で新築より光った家になりました。

私の家は築13年でハウスメーカーで建てたものだったんですが、塗り替えはメーカーに依頼するつもりだったんです。そしたら、シンニッケンと言う会社から電話がかかってきて、怪しいと思ったんですが、電話対応の方が感じのいいかただったので見積りを依頼しました。家の外壁のデザインを残したままクリアーな塗装があることを教えて頂き、下地から完全防水の塗料を塗るので長持ちがするとのことでした。高分子ポリマーなので、傷みに染み込みやすやすいく、汚れもつきにくくなっているとのことでへーと納得のいく説明をしていただけました。

 

サンプルを持ってきてくれてイメージしやすかったです。あとは値段次第と言うことになり、施工前後の写真を撮って見本に使う許可を出してくれたら消費税込みで108万と提示され即決で決めました。ハウスメーカだと見積りが140万だったので、シンニッケンの方が安いし、丁寧に説明もしてくれたので知らない会社でしたが全国ネットの会社員とのことで安心はしました。高圧洗浄で綺麗にして頂き、玄関先のアプローチまでサービスで洗浄してくれました。

 

壁が少し傷んで剥がれている部分は、壁の地の色を塗ってもらいそれからクリアーを塗っていただき本当に丁寧で親切に仕事をしてくれたので感謝しています。艶のある塗料なので新築みたいになり家族ともども喜んでいます。また、塗料のメーカー保証もついていますし、施工後もその後どうですか?問題ないのですか?とアフターフォローもしっかりされているので次回塗り替えの時もシンニッケンさんにお願いしようと思います。

遮熱塗料を屋根に施した

夢のマイホーム手に入れて毎日家の生活が楽しくなったのですが、家買った後家を快適にするのにメンテナンス必要でした。そして私が住む佐倉市は夏場とてもはれて気候が猛暑日になったりします。そのために熱中症にならないよういつもうーらーを使わなくてはならず、そのとき大事なのは屋根であり、ここを塗装見直して家の中があつくなるの防げるはず。そしてネットで佐倉市対応屋根業者に相談してみたのですが、担当者に相談乗ってもらって遮熱塗料を屋根に塗装することになりました。遮熱塗料を屋根に塗装していろいろと変化しました。

 

毎年夏くれば家が熱くなって、遮熱塗料を利用したことにより家の中がそれほど熱くならなかったです。汗だくになってた時もあっても嘘のように快適に生活できて驚きです。そしてクーラー使用する頻度が減り、クーラーにかかってる電気代節約できたのです。そしてクーラーの電気代とてもかかっていて遮熱塗料で塗装してよかったのです。そして、はじめ遮熱塗装は高いと感じましたが、夏場の厳しい暑さ防げたりクーラーのd年器代浮かせられました。結果として遮熱塗料で塗装したことで、多くのメリットを得られたのです。

 

そして電気代は最近特に高騰していて遮熱塗料使うのがとても大事です。また、遮熱塗料は15〜20年に一度見直す必要があって、屋根塗装はとてもお金かかり、なるべく節約したいと感じました。そして遮熱塗料は初め高いと思えましが、20年ぐらい持つのなら使って損はありません。

外壁塗装は塗料剤が大事

外壁塗装の最大のポイントというのはどんな塗料剤にするのかということでしょう。外壁がどの程度持つのかに影響するわけですから、外壁塗装を具体的にどのような塗料材にするのかということをよく考えなければならないわけです。うちは何回か外壁塗装をしたのですがその度にどの塗料材にするべきかというのに悩んだくらいです。

 

何しろ、その家自体がどの程度持つのか、ということからも検討する必要性がありますから、適当に塗料剤を決めてしまうというのは何年スパンで考えてもよろしくないことになります。お店などであれば、とにかく綺麗になれば良いというようなパターンもあったりするわけですが住宅の場合はそこに長く住むということになりますので、それは注意しておきたいところです。

 

5年程度持たせることができれば良いということが店舗などではよくあったりします。要するに定期的に塗り替える事によってきれいな状態を維持する、ということができるからです。そうしたことがありますから、外壁塗装というのは自分たちの状況によって塗料材なども変えなければならないということになります。その辺りをきちんと意識した上で私は最終的にはフッ素系の塗料材というのをお願いするようにしました。

 

住宅ですから、とにかく長く住むことができるように、ということを意識した結果です。多くの費用がかかることになりましたが、長く使うことができるのはとても有難いことですから、満足しています。

一向に現れる気配がない

両親すんでる家屋の塗装はがれて錆のため外壁塗装リフォームをネオライフに依頼しました。そして築30年突破してる家屋の塗装剥がれて、そこから錆が発生して北のですが、はじめの段階でそこまで気に留めてなくて、時間経過して壁偏食して言って誰が見てもさびとわかるようになりました。

近所の使途、知り合いから指摘されるようになって来て、今回修復などを依頼したのです。そして初めdiyも検討して、わたし、兄が時間取れなくて、両親も、diy知識など皆無でした。そしてネオライフの前に依頼した業者が失敗でした。そしてはじめやったのはネット検索で、無かし私がお願いしたところでもいいですが、どちらも大規模なリフォームで今回は地元密着タイプのところ絞りました。

そして、a、bそれぞれ見積撮ってみて、合計額5000円変わるとのことですが、今回b社にお願いしました。そして、これが失敗で、はじめならネオライフにすればよかったです。地元業者に依頼して工事始まる当日兄、両親が待ってたのですが、一向に現れる気配がなくて、日にち間違えたと思って契約書チェックしたのでですが、間違いなく本日。電話すれば業者忘れていた模様で午前から始まるところ午後から始まることになりました。

そして、午後から来た業者の人たちの対応余りいいとは言い難く、私が以前お願いした大手業者とことなって地元密着タイプで、服装だらしなく態度などとても雑でした。これには困りました。

10年目で塗り替えをしたことについて

建てて10年目といったとき、家がちょっと色あせて新日本ハウスにおねがいして外壁塗装をしてもらったので家立てて10年目の年とそう塗り替えをして知識で10年ごと塗装塗り替えたほうが家長持ちするのが効いたことあったのです。父の定年などタイミング的にちょうどよくて新日本ハウスにお願いして塗り替えてもらうことにしたのです。

 

ほかの会社で塗り替えかんがえなかったです。ここの担当はとても熱心で、誠実でちょっとでも安くベストな対処かんがえてくれる人。いままで起きた家の不都合すべて新日本ハウス通しお願いしていて、その時も安心してお願いしました。

 

そして、ウレタン樹脂で塗り替えをして費用3階建てで、足場などいろいろ込みで約100万円程度。そして屋根黒くて3回の厚さをちょっとでも和らげる時屋根白くしようといった父の提案で白く塗ってもらいました。

 

そして新日本ハウスと話し合って日程を大体決めた数日後、足場やが来て、家の周りの寸法を図ってくれました。そして、次の日狭いし一内にピッタリ、ぎりぎり足場くんでもらい、その2日ぐらい後すべて窓に養生シート貼られて、作業が始まったのです。

 

そして、外壁きれいにするために洗うようで大きな音が響きました。職人も静かな人で朝と終わった後に挨拶来てくれる程度でいることきづかないぐらいでしたが、気づいたことは教えてくれ、日々あったこと、父が後付けでつけたひさしが壊れてたなど教えてくれました。

 

東京都北区の外壁塗装ならユタカホームまで

工事途中で来なくなることもあった

わたしは近くで工事していて、工期かぶればかなり安く可能、実績積みたくて特別価格でするといった言葉に魅了されて、その場で契約をしました。金額は財産見積もり250万から特別値引きの150万円。

そしてその時不満はなくて、得をしたと満足したぐらいです。ですが、今年春となり問題が発生しました。庭裏にある壁の一部に塗装膜がはがれた跡が見つかりました。

そして、気になり他を見てみれば2回の軒下部、と家の西側にも1か所合計3か所剥がれが見つかりました。塗装して半年しか経過してないのにあり得ないです。明らかに手抜き工事による施工不良でした。

塗装まで確かにちょっと汚れてたのですが、こうした剥がれ1か所もなったです。見た目とそうした後のほうが汚く感じるぐらい。高いお金払い自分お家ぼろぼろにされ、本当に怒りしかないです。

気になりすぐスマホで調べてみれば予想通りその会社の悪い評判が山みたいに出てきました。そして、悪徳業者によくみられる手法みたいで、すぐにその会社問い合わせてみたのですが、言い訳ばかりで返金できないの一点張りでした。そしてクレーマー扱いされてまともな対応してくれませんでした。

また、ネットの書き込みを見ればひどいのは工事途中で突然来なくなるといったこともあった模様です。本当に許せなくて、私が契約した150万という額も延べ床面積からすれば相場より高いぐらいでした。

そして、この件がありいろいろ調べるうちわかりましたが、外壁塗装業界は情報弱者食い物にする悪徳業者がほかにたくさんいる模様です。

意外!?外装塗装業者を選ぶときの重視点は、○○○だった!

外装塗装とは、簡単にいうと「家の周りの壁に塗料(またはペンキ)を塗り直すこと」になります。

時々、足場が設置されていて、ビニールでエアコンの室外機に塗料が付着しないようにくるまれ、業者の人が何かを塗っている家がありませんか?

あれが、外装塗装になります。ちなみに塗っているのは、ペンキではなく、ほとんどの場合は塗料になります。塗料はペンキよりも高価になりますが、乾きが早く、耐候性にも優れているので選ばられるようになりました。

さて、外装塗装業者を選ぶ場合の重要なポイントをお伝えしますね。

それは、やはり「近隣住宅への配慮ができること」と思います。当たり前だと思いますか?

では、あなたは「技術力」「費用」「近隣住宅への配慮」のどれを一番重要視しますか?たぶん、「費用」>「技術力」>「近隣住宅への配慮」の順で選ぶ方が多いのではないのでしょうか?

たしかに、この中で一番明確に差が出て分かりやすいのが「費用」ですよね。2階建ての家を塗装し直すだけで約100万円前後必要と言われていますから、やはりその中で数%でも違えば大きいですよね。

「技術力」も大手さんなら様々な実績(だけど高い・・・)を持ってきていただけますし、地元密着型の店舗でもやはり実績はあります。

しかし、その2点の数値で測れる点より、やはり「近隣住宅への配慮=クライアントであるあなたへの配慮」を重視して見たほうが良いです。

なぜなら、外装塗装は約2週間かかる作業になりますし、住宅密集地の方なら周りへの対応が気になりませんか?

自分がいない間に業者とお隣さんが喧嘩していた、という事態を避けるためにも費用よりも職人気質な高い技術力よりも、「近隣住宅への配慮」ができる業者を選んだ方が、一生残る禍根は生まれませんよ。