外壁塗装を優先してよかった

“私の友人の家は、随分古くなっているのでリフォームを考えていました。私がリフォームを行ったことにより、より刺激を受けて自分の家も行いたいと思ったらしいです。リフォームをしたいと思うものの、やっぱり面倒であったりしてなかなか決断をすることができないこともありますね。私の場合もそうでしたが、一回リフォームをするとして良かったなと思うことができるのです。そのことを話し、友人もリフォームをすることになりました。
しかしどこをしたいかということで、かなり悩んだのです。それはなんと言っても、限られた資金の中で行うことができる範囲だからです。部屋の中も行いたいし、外壁塗装も行いたいと思っていました。その結果、一番重要と考えた外壁塗装を行うことにしました。診断をしてもらった結果、かなり危ない状態になっていることがわかったのです。素人では、そのことについてあまりわかりませんね。やはり、しっかり診断をしてもらうことにより外壁の傷んでいるところがよくわかりました。
そこで、部屋の中のリフォームをすることは後回しにして、とりあえずまず外壁塗装を行うことにしました。一回決断をすると、トントンと運びます。長くかかるだろうと思っていたのですが、そんなに思っていた以上にかかることもなく無事外壁塗装を行うことができました。その状態を見ると、本当に綺麗です。家の外観が良くなると、本当に嬉しいですね。外壁塗装について、優先して行いよかったと話をしています。”

家の外壁は業者さんにしてもらうのが当たり前?

“外国人の友達が駐車場を指差して、「大きな車屋さんだね」と言った。しかし、そこはスーパーの駐車場であって車屋さんではない。外国人の友達が車屋さんと間違えたのは、スーパーの駐車場に停まっている車はどれもピカピカに洗車され、しかも、同じ方向にキチッと並んでいるから。
その外国人の友達が人の家の庭を指差して、「この家は何かあったの?」、
私、「何もないよ、人が住んでいるよ」
外国人の友達、「芝生が伸びているけど大丈夫なの?」
その外国人の母国では、庭の芝生が伸びていると違反になるらしい。
その外国人を連れて車屋さんへ行き、オイル交換をしてもらった。
外国人の友達、「車屋さんでオイル交換をするの?」
私、「何かオカシイ?」
友達、「私の国では、自分の乗る車は自分でメンテナンスするわよ」
その外国人の友達を家に招待すると、ガレージに何もないことに驚いていた。
その外国人の母国では、車のメンテナンスに必要な工具、家を補修するために使う梯子などは、何処の家のガレージにもあるらしい。
自宅の外壁塗装をするのに業者さんが来ると、
外国人の友達、「自分の家の塗装も、人にやってもらうの?」
私、「オカシイ?」
友達、「オカシイよ、自分が住んでいる家でしょ!」
その外国人に実家の写真を見せてもらうと、メッチャ広い敷地に平屋の家が建っていた。
メッチャ広い敷地なら、自分で家の塗装をしても御近所さんに迷惑は掛からないだろうが、私の家は隣の家と隣接しており、素人が塗装したら隣の家に塗料が付いてしまう。
外国人の友達、「隣同士なら塗料が付くのはお互い様でしょ?」
残念なことだが、お互い様が通じる御時世ではない。
そもそも、その外国人の母国は年に数回、長期の休みが取れるため自分で家の塗装をしたり車のメンテナンスが出来るのだが、私が働いている会社は有給ですら思うように取れない。
時間的余裕が出来たら自分でしてみたいと思っていたのだが、時間的余裕が出来た時には体力は衰えており、家の外壁塗装は危なくて出来ない。
業者さんが外壁塗装をしてくれているのを部屋の中で見ている私を外国人の友達はどう思ったのだろう、自分で塗装が出来ないダメな奴と思われただろうか?
価値観の違いかな。
人にやってもらうことは恥ずかしいことではない、人にやってもらえる経済力があるのだから。
しかし、私と同年代の人が外壁塗装をしてくれていると、体が動けて羨ましいと思った。”

禿げと剥げ

“朝ごはんを食べていると父親が「家の塗装をするから調べておいて」と言うため、一括サイトを使って塗装料金が安い業者を数社ピックアップしておいた。
テレビを見ていると夕飯を終えた父親が「頼んでおいたのは出来た?」と聞いてきたため、ピックアップしておいたリストを見せると、「塗装って、こんなに高いの?」。
私達家族は以前、賃貸マンションに住んでおり家を塗装するのは今回が初めて。
現在住んでいる一軒家は中古物件、外壁塗装の必要があるため安く購入出来たらしい。
父親、「塗装代でこんなに掛かるなら、この家は安くなかったな」
私、「だったら引っ越す(怒)」
昔から父親は、人に頼んでおいてケチを付ける悪いところがある。
父親、「屋根を塗装する発想はなかったな」
私、「どうするの頼むの頼まないの?」
父親、「外壁だけ塗装をして、屋根は塗装するのはヤメおくか」
母親、「それはダメよ、屋根を塗装しないと雨漏りするわよ」
父親、「でも見積書を見ると、塗装代の中で屋根が占める割合が大きいぞ」
母親、「・・・」
私、「・・・」
母親も娘である私も言葉を呑み込んだのは、父親はカツラを被っているから。
父親は人より多くの給料を頂いているが、それでも常々お金が無いとボヤいている。
お金が無いのはカツラにお金が掛かるから、カツラは買った後にメンテナンスが必要、父親の小遣いは大半がカツラのために消えてしまう。
母親も私も内心では、屋根の塗装をヤメると言った父親にカツラをヤメれるの?と思ったのだが、思うだけで言葉にはしない。
屋根だけ塗装をしないのはありえないと思っている私は、ピックアップしておいた塗装業者のリストの中にカツラに掛かる費用も混ぜておくと、禿げた自分と塗装が剥げた屋根を同一視したのか、外壁塗装と一緒に屋根も塗装をすることになった。”

東京の屋根塗装

塗装の基本のテクニック

塗装したら塗料が乾くまで乾燥させますが、接地面積が少なくなるように工夫していますし、新聞紙は塗装面に貼りついてしまうので直接置かないようにしています。これは、一度なり失敗したから言えることです。乾燥を待つ間、ハケが固まらないように水につけておくこともポイントです。塗装対象物により、自分は内装のものの場合、一回で美的に満足していればそのまま完成させますが、外装などは重ね塗りしています。でも、ニス塗装に関してはニスが染み込んで木の表面がケバ立つので重ね塗りをしたほうがいいと思っています。重ね塗りの場合、自分は下地処理と同じ要領でヤスリがけしています。今や、子供でも塗装を楽しんでいますが、マスクや手袋などを着用していない子供の姿を見かけますが、木材の粉塵に比べて塗料の粉塵は毒性が強いと言いますから、肺に吸い込まないように注意しなければなりませんから、我が家では、子供たちが日曜大工を手伝う場合には作業服を着用させて、マスクと手袋も用意しています。一回目と同じ要領でハケ塗りしますが、一回目に比べて塗料が木に染み込まないので、ハケ運びも滑らかに感じるのではないかと思い、その分、手早く美しく仕上げられるのではないかと思っています。なので内装のものであれ、やはり重ね塗りは基本として作業しています。業者に何回塗ればいいのかを質問したこともありますが、プロいわく、何度でも納得できるまで大丈夫だと言われましたし、十分、乾燥させることもアドバイスされました。

私の住宅での塗装経験につきまして

私は地元で自宅を塗装する際に、まず塗装しようと思った経緯についてですが、長らく、塗装していなかったものですから一軒家を購入して20年が経過しようとしておりました。そんな時に、外壁のひび割れやモルタルの継ぎ目にひび割れを散見できるような状況でありましたので、住宅を補修しなければならないと思うものでありました。また強風や豪雨の際には、瓦から雨が染み込んで雨が侵入してきたり、雨漏りがすることもありましたので、このままでは、自宅が悲鳴を上げてしまうと言うことで、劣化した住宅の修復も兼ねて外壁塗装をして頂こうと想いました。特に外壁塗装につきましては、ひび割れが深刻でありましたので、必ずやって頂きたいと思える内容でありました。この時に必ず気をつけれなければならない!と重要視しておりました点につきましては、外壁業者につきまして、悪党業者に捕まらないようにする!と言う内容でありました。悪徳業者につきましては、本来であれば外壁塗装につきましては、最低でも3度は塗らなければならない所を、1回や2回で終わらせてしまう。若しくは、それが分からないようにしてしまうと言うことをされている形でありましたので、十分に注意しなげればならないと思いました。また、外壁塗装は本来、塗料によって水を加える比率が決まっていたり、塗る回数も塗料メーカーで指定されている。指定された仕様を守らなければ本来の塗料の機能が発揮されないのはもちろん、耐久性にも影響が出てしまうと言う大変恐ろしい結果にも成りかねなりませんので、知り合いづてで地元の外壁塗装業者を紹介して頂きました。

時間が経てば劣化をしてしまうのは家も同じ

性格に難はあったのですが連れて歩くには美人だった私の妻、その美人だった妻も20年経てば本当に昔は美人だったのか疑いたくなるほど劣化。
20年経っても妻が変わらないのは性格に難があること、その妻とこれからもずっと一緒かと思うと辛いものがあります。
妻が美人だった時に買ったのが一軒家、妻が劣化したように家も劣化、劣化が著しいのは過酷な環境に晒されている外壁、妻の肌がカサカサボロボロのように建ててから20年経つ外壁もカサカサボロボロ。
若ければ自分で塗装することも出来るのですが、妻同様に私も老いてきたため無理は出来ない、業者に頼むにしても気掛かりはお金。ネットで調べると掛かる費用は業者によってマチマチ、支払う側としては安いほうが有り難いのですが、安いには理由があると思い色々調べて見ると、塗料の違いや足場に掛かる費用で見積もりが大きく変わることが分かりました。
業者のサイトを見ても良いことしか書いてない、そのため利用者の評価を参考に業者を選びました。
隣の家への挨拶は業者さんと一緒、何か迷惑を掛けるようなことがあっても苦情は業者さんに、私の気掛かりは費用に大きく影響を及ぼす塗料が注文通りのものを使っているかどうか。
見積もりで何の塗料をどれだけ使うかは分かっていたため、業者さんが仕事をしている間に塗料をチェック、すると注文通りの塗料を使っており一安心、あとは注文をした塗料を使い切るかどうか、しかし、ずっと監視しているわけにはいかず、使い切ったかどうかは不明ですが、出来上がりを見ると使い切ったかどうかはどうでも良いこと、残った塗料を置いていかれても困るだけです。
外壁がキレイになっても妻は相変わらず、人間がシャワーを浴びるように、外壁をキレイにする場合にはまず水洗い、肌に潤いがある若い子であれば地肌に直接メイクをしても化粧は乗るのですが、老いた肌だと水分が無くカサカサ、カサカサの肌にメイクをしても化粧は乗らないため、老いた肌の場合は保水液等で肌を均一にしなくてはなりません。
劣化した外壁の場合も直接塗料を塗っても染み込まない、そのため外壁の場合はシーラー等を用いて下処理をする、人間のメイクをするのも外壁の塗装をするのもプロセスは良く似ていました。
歳を取るとシワやシミを誤魔化すのに時間が掛かるように、外壁も劣化が進むと塗装をするのに手間やお金が掛かる、塗装で家がキレイになるともっと早く塗装をしてあげれば良かったと思えたのですが、妻がキレイにメイクをしても20年前の妻を知っている私としては複雑です。

住宅修繕

全く住宅修繕など知識がなくて家の劣化気になりましたが、どの企業を利用すればいいかわからなかったです。そしてそうしたときにヌリカエの存在を知ったのですが、利用して実際口コミサイトあった評価理解ができました。とても親身で気軽に疑問に聞けたのです。

そして、築円ン数古い家ですが、トータル施行額はとても安く済ませられました。他社の見積もりと比較してその差歴然であり、他社の見積もり比較してもその差平均50万以上違ったのです。そしてヌリカエ利用して大正解でひた。築30年選手の家も新築のようになったのです。

そして外壁塗装見積もりは180万人以上利用実績のあるヌリカエはお勧めできて、4つのポイントがあって無料で利用できて紹介料などお金一切かからないこと、10秒で相場がわかって入力項目は7項目のみで、電話番号以外の個人情報も入れる必要がないです。そしてぼったくり心配がなくて、厳しい審査基準満たした業者のみヌリカエ登録されて、優良業者しか紹介されないです。

国民生活センターデータによれば外壁塗装苦情は年間6000件以上であり、外壁粗糖はぼったくりの音そうなのです。そしてぼったくり業者などに騙されないようにヌリカエがおすすめです。また業者へ断りをあなたの代わりアドバイザーがしてくれてきが弱い方、押しに弱いひとなども安心できます。

そして無料で素早く外壁塗装相場を知ることができて、何が一番知りたいのか的確に探せることでしょう。

Post navigation

外壁を壊すという選択肢

外壁を直すときには外壁を一度、壊してしまうというやり方もあるわけです。そして作り直した後に当然外壁もまた塗り直すということになります。さて塗装なのですが、なんでもいいと思う人もいるでしょうが当然それによってだいぶ違ってくることが多くあります。

外壁というのは風雨から家を守っているということになりますが水というのはどんどん侵食していくことになりますので昨日今日でどうにかなるというわけではないのですが、年単位で劣化していくことは間違いないです。それを防いでくれるのが外壁塗装であり、どの塗装剤にするのかということによって耐久年数がまるで変わってくるということになります。

今のところ一番良いと言われているのはフッ素系のものであり私もこれを選択しています。これが最も長く使うことができるので私はかなり考えたのですがこれにしました。外壁塗装というのは見た目が綺麗になるということもありますから個人的にはやるべきものであるとは言えるのですがさすがにそこそこの費用がかかるということになりますしどこにお願いするべきであるのかというのがなかなか判断がつかないということになります。

建設関係というのは特にそういう意味合いが強くありますので自分の中では信頼できる業者にお願いしたいとは考えていました。いくつかの見積もりサイトを利用して業者にお願いしたところ、良いところが見つかりましたのでそこにお願いするようにしました。

塗装がはがれてきた

ピンポンと自宅チャイムなってドア開けて見れば立ってるのは知らないセールスマンの男性で、何かと思っていれば外からぱっとみただけだが、お宅の外壁限界だといわれて、男性の正体が外壁塗装の訪問販売員と知りました。そして実際外壁塗装の販売してる業者でかなりの割合悪徳業者が潜みます。

外壁塗装はじめとしたリフォーム工事業に関しておトラブルのほとんどは法も販売、訪問営業から始まるものばかりなのです。そして、外壁塗装に限ったことではないですが、訪問は突然来るのです。そして家を買ってから今年11月末で10年迎えますが、それなり各部劣化してきて、もちろんですが、外壁劣化が目立ってきました。

あちこち色退職したり、しみついて来て夏ごろでしたが、最上階のバルコニーにある東向き外壁、この面はうちは一番日の当たる面ですが、ここで表面塗料がはがれてるのを見ました。そしてこれ見た時ついに来たといったということだったのですが、、実際塗装剥がれてきた以上対応を考えざる得ません。

建物自体建売物件ではっきり言えば各所ほどほどの仕様で仕上げられていて、外壁塗料はスズカファイン社のスズカスキン使用されてますが会社hpでは耐用年数目安5〜7年であり、10年も経過すればいたむのは当然というわけです。屋根についてみたら割れたりかけたり内容ですが、同様に痛んでると考えるのが自然です。こちらはケイミュー株しい会社ンコロニアル使用されています。

築45年で外壁塗装をしました

築45年のうちは海から10数メートルのところにあって、経年劣化はがして、今回塩で外壁の板腐食して張替えや塗装したりして日本ハウスペイントにお願いしたのです。いままで大掛かりな家補修したことなく、私が嫁いできたことを気に室内床を張り替えました。その時外壁含め機になるところ内装職人にそうだんしました。わたしたち暮らしてるのは橋でつながってるといっても島の小さい集落であり、し職人同士みんな顔見知りで、あっという間に話つながりある日突然日本ハウスペイントが来ました。

早朝殻直前の電話一本で着てくれたみたいで、私が起きて2回のカーテン開ければ既に目の前に足場組まれおじさんが行き来していて驚きました。寝巻で呆然としてる私にかまわず、窓外に職人たあ手際よく腐食部の板張り変えていて、むかし実家でも外壁サイディング施したことありますが、あのとき窓から室内の様子丸見えで落ち着かない数日を過ごしました。

昼前に張り替え終わって職人たちがいったん昼出かけていって、午後から塗装に入ったのですが、実際主人が腐食したところ、海側の一部で、自分で補修してもいいといってました。塩害のことなどと量に関して知識浅くて専門の人お願いしようとしたのです。

そして、腐食部以外の焼杉の色合わせた海からの風に劣化しにくい塗料を塗ってくれて、軒下など劣化したところの補修をしてくれてとても助かりました。そして立地的に劣化免れなくて、定期的に塗りなおして、手をかけてくことが大事だといってました。